menu

hasegawa ENGLISH

東京大学
情報理工学系研究科システム情報学専攻
工学部計数工学科
助教, 博士(情報理工学) E-mail: Keisuke_Hasegawa [at] ipc.i.u-tokyo.ac.jp (replace [at] with @)

E-mail: Keisuke_Hasegawa [at] ipc.i.u-tokyo.ac.jp
([at]を@で置き換えてください)


略歴

・2004年 東京大学教養学部理科I類 入学
・2009年 東京大学工学部計数工学科 卒業
・2011年 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻 修士課程修了
・2012年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
・2014年 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻 博士課程修了
・2014年 東京大学大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻 特任研究員
・2015年 東京大学大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻 特任助教
・2018年 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻 助教


雑誌論文(英文)

  • Ryoko Takahashi, Keisuke Hasegawa, Hiroyuki Shinoda, "Tactile Stimulation by Repetitive Lateral Movement of Midair Ultrasound Focus," IEEE Transactions on Haptics, DOI:10.1109/TOH.2019.2946136 (Early Access).

  • Azuma Yoshimoto, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda; "Midair Haptic Pursuit," IEEE Transactions on Haptics, DOI:10.1109/TOH.2019.2906163 (Early Access).

  • Keisuke Hasegawa*, Hiroki Yuki*, Hiroyuki Shinoda; "Curved Acceleration Path of Ultrasound-Driven Air Flow," Journal of Applied Physics, 125, 054902 (2019); https://doi.org/10.1063/1.5052423 (* denotes equal contribution).

  • Takuro Furumoto, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda, “Three-Dimensional Manipulation of a Spherical Object Using Airborne Ultrasound Plane Waves,” IEEE Robotics and Automation Letters, pp. 81-88, Volume: 4 , Issue: 1 , Jan. 2019, DOI:10.1109/LRA.2018.2880330.

  • Keisuke Hasegawa, Hiroyuki Shinoda, “Aerial Vibrotactile Display Based on MultiUnit Ultrasound Phased Array,” IEEE Transactions on Haptics, vol. 11, no. 3, pp. 367-377, 1 July-Sept. 2018., DOI:10.1109/TOH.2018.2799220

  • Keisuke Hasegawa, Liwei Qiu, Hiroyuki Shinoda, “Midair Ultrasound Fragrance Rendering,” IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, vol. 24, no. 4, pp. 1477-1485, April 2018, http://doi.org/10.1109/TVCG.2018.2794118.

  • Keisuke Hasegawa, Liwei Qiu, Akihito Noda, Seki Inoue, Hiroyuki Shinoda, “Electronically Steerable Ultrasound-Driven Long Narrow Air Stream”, Applied Physics Letters, 111, 064104 (2017); http://doi.org/10.1063/1.4985159,(Highlighted as APL Editor’s Picks for the week of August 20, 2017.)

  • Keisuke Hasegawa, Tatsuma Sakurai, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda, “Character Reading via Stylus Reproducing Normal Handwriting Motion”, IEEE Transactions on Haptics, vol.9, no. 1, pp. 13-19, Jan.-March 2016, doi:10.1109/TOH.2016.2517625

  • 雑誌論文(和文)

  • 末石智大, 長谷川圭介, 奥村光平, 奥寛雅, 篠田裕之, 石川正俊, “空中超音波触覚ディスプレイ・カメラ系による高速ダイナミック情報環境とその校正手法,” 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19, No. 2, pp.173-183, 2014.


  • 国際会議発表(査読有)

  • Keisuke Hasegawa, Takaaki Nara, "Self-Localization of Single Microphone from Ultrasound Field Generated by Sources with Subwavelength Displacement", in Proc. IEEE IUS 2019, pp.2496-2499, Glasgow, UK, 2019.

  • Keisuke Hasegawa, "Indoor Self Localization of a Single Microphone based on Asynchronous Scanning of Modulated Bessel Beams," in Proc. SICE Annual Conference 2019, pp. 142-147, Sep. 10-13, 2019, Hiroshima, Japan.

  • Shun Suzuki, Ryoko Takahashi, Mitsuru Nakajima, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda, “Midair Haptic Display to Human Upper Body,” in Proc. SICE Annual Conference 2018, pp. 848-853, Sep. 11-14, 2018, Nara, Japan.

  • Ryoko Takahashi, Keisuke Hasegawa, and Hiroyuki Shinoda, “Lateral Modulation of Midair Ultrasound Focus for Intensified Vibrotactile Stimuli.” International Conference on Human Haptic Sensing and Touch Enabled Computer Applications (Euro Haptics), pp 276-288 ,Pisa, Italy, June 13-16, 2018.

  • Shun Suzuki, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda, “Haptic Tracing of Midair Linear Trajectories Presented by Ultrasound Bessel Beams,” International Conference on Human Haptic Sensing and Touch Enabled Computer Applications(Eurohaptics), pp 209-220, Pisa, Italy, June 13-16, 2018.

  • Mitsuru Nakajima, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda: Remotely Displaying Cooling Sensation via Ultrasound-Driven Air Flow, IEEE Haptics Symposium 2018, Oral Session 7B (Technical Papers), 25-28 March, San Francisco, California, USA, 2018.

  • Daichi Matsumoto, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda: “Displaying Variable Stiffness by Passive Nonlinear Spring Using Visuo-Haptic Interaction”, Proc. IEEE WHC 2017, pp., 2017.

  • Qiu Liwei, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda: “Simulation of Acoustic Streaming for Odorant Display Controlled by Airborne Ultrasound”, Proc. SICE Annual Conference 2016, pp.1228-1233, Tsukuba International Congress Center, Tsukuba, Japan, September 20-23, 2016.

  • Azuma Yoshimoto, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda: “Motion Guidance to Target Surface Using Airborne Ultrasound”, Proc. SICE Annual Conference 2016, pp.1234-1237, Tsukuba International Congress Center, Tsukuba, Japan, September 20-23, 2016.

  • Koji Tanaka, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda, “A Pocket-Size Alphabet Display with Letter Trajectories Presented to Fingers,” Proc. EuroHaptics 2016, pp.472-482. 2016.

  • Keisuke Hasegawa, Tatsuma Sakurai, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda: Alphabet Letter Display via Imitated Writing Motion, Proc. 2015 IEEE World Haptics Conference (WHC), WIP-8 (Work-in-Progress Papers), Northwestern University, Evanston, Il, USA, June 22-26, 2015.

  • Yasuaki Monnai, Keisuke Hasegawa, Masahiro Fujiwara, Seki Inoue, and Hiroyuki Shinoda, “HaptoMime: Mid-Air Haptic Interactions with a Floating Virtual Screen,” Proc. 27th ACM User Interface Software and Technology Symposium (UIST2014), pp.663-667, 2014.

  • Keisuke Hasegawa and Hiroyuki Shinoda, “A Method for Distribution Control of Aerial Ultrasound Radiation Pressure for Remote Vibrotactile Display,” Proc. of SICE Annual Conference, pp. 223?228, 2013. (Young Author’s Award)

  • Keisuke Hasegawa, Hiroyuki Shinoda: Aerial Display of Vibrotactile Sensation with High Spatial-Temporal Resolution using Large-Aperture Airborne Ultrasound Phased Array, Proc. IEEE World Haptics Conference 2013, Oral, pp.31-36, Daejeon, Korea, April 14-18, 2013. (Best Student Paper Award (Oral), Finalist of Best Paper Award)

  • Keisuke Hasegawa and Hiroyuki Shinoda: Dynamic Range Enhancement of Airborne Ultrasound Tactile Display, Proc. SICE Annual Conference 2012, pp.280-283, August, 2012.

  • Kazuma Yoshino, Keisuke Hasegawa and Hiroyuki Shinoda, “Measuring Visio-Tactile threshold for Visio-Tactile Projector,” Proc. SICE Annual Conference, pp.1996-2000, 2012. (Finalist of Young Author’s Award)

  • Keisuke Hasegawa, Nobutaka Ono, Shigeki Miyabe, Shigeki Sagayama, “Blind Estimation of Locations and Time Offsets for Distributed Recording Devices,” Proc. of LVA/ICA, pp.57-64, 2010.

  • Keisuke Hasegawa, Masaaki Kanno and Shinji Hara, “Algebraic Computation of the
    Stability Radius of a Multilinear Polynomial.” Proc, ICCAS-SICE,
    3531-3536, 2009.


  • デモ展示(査読有、上記とは独立の発表のみ)

  • Mitsuru Nakajima, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino and Hiroyuki Shinoda: Remotely Displaying Cooling Sensation Using Ultrasound Mist Beam, Asia Haptics 2018, Live Demo Presentation, Incheon, Korea, Nov. 14- 16, 2018.

  • Ryoko Takahashi, Saya Mizutani, Keisuke Hasegawa, Masahiro Fujiwara, and Hiroyuki Shinoda, “Circular Lateral Modulation in Airborne Ultrasound Tactile Display”,Asia Haptics 2018, Incheon, Korea, Nov. 14-16, 2018.

  • K. Hasegawa, L. Qiu, and H. Shinoda. Interactive midair odor control
    via ultrasound-driven air flow. In SIGGRAPH Asia 2017 Emerging Technologies, SA ’17, pp. 8:1?8:2. ACM, New York, NY, USA, 2017. doi: 10.1145/3132818.3132833

  • Kentaro Yoshida, Koji Tanaka, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda: Character Recognition by Flick Movements Presented on Fingers, Asia Haptics 2016, Kashiwanoha, Nov. 29-Dec. 1, 2016.

  • Kentaro Yoshida, Takaaki Kamigaki, Seki Inoue, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda: HaptoCloneAR (Haptic-Optical Clone with Augmented Reality) for Mutual Interactions with Midair 3D Floating Image and Superimposed 2D Display, Asia Haptics 2016, Kashiwanoha, Nov. 29-Dec. 1, 2016.

  • Daichi Matsumoto, Ya Zhu, Yuya Tanaka, Kyosuke Yamazaki, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda: An Immersive Visuo-Haptic VR Environment with Pseudo-Haptic Effects on Perceived Stiffness, Asia Haptics 2016, Kashiwanoha, Nov. 29-Dec. 1, 2016.

  • Kyosuke Yamazaki, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda: Visuo-tactile Interaction with Virtual Objects that Yields Kinetic Effects on Real Objects, Asia Haptics 2016, Kashiwanoha, Nov. 29-Dec. 1, 2016.

  • Keisuke Hasegawa, Yasuaki Monnai, Seki Inoue, Yoshikazu Furuyama, Yasutoshi Makino, Hiroyuki Shinoda: Midair touch display, 42st International Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Techniques (SIGGRAPH 2015) Emerging Technologies (invited).

  • Yasuaki Monnai, Keisuke Hasegawa, Masahiro Fujiwara, Kazuma Yoshino, Seki Inoue, Hiroyuki Shinoda, “Adding Texture to Aerial Images Using Ultrasounds,” Asia Haptics, 2014.

  • Seki Inoue, Koseki Kobayashi, Yoshikazu Furuyama, Soichiro Kumagai, Keisuke Hasegawa and Hiroyuki Shinoda, "HORN: Stationary Airborne Ultrasound 3D Haptic Image," Asia Haptics, 2014.

  • Keisuke Hasegawa, Hiroyuki Shinoda, “Generating Vibrotactile Images on the Human Palms,”Asia Haptics, 2014.

  • Seki Inoue, Koseki J. Kobayashi-Kirschvink, Yasuaki Monnai, Keisuke Hasegawa, Yasutoshi Makino, and Hiroyuki Shinoda, “HORN: The Hapt-Optic Reconstruction,” 41st International Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Techniques (SIGGRAPH 2014) Emergency Technologies, 2014.


  • 国内会議

  • 中島 允, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “サーマルグリル錯覚を用いた遠隔痛覚提示”, 第63回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI 19)論文集, pp. 111-115, 中央電気倶楽部, 大阪, May. 22-24, 2019.

  • 高橋 諒子,水谷 沙耶,藤原 正浩,長谷川 圭介,牧野 泰才,篠田 裕之, “空中超音波LM触覚刺激における刺激点移動パターンと知覚強度の関係,” 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1295-1297, 大阪工業大学 梅田キャンパス, 大阪, Dec. 13-15, 2018.

  • 中島 允, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “超音波ミストビームによる遠隔冷覚提示,” 第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 530-533, 大阪工業大学 梅田キャンパス, 大阪, Dec. 13-15, 2018.

  • 中島 允, 長谷川圭介, 牧野泰才, 篠田裕之, “超音波走査による匂いディスプレイ,” 第23回バーチャルリアリティ学会大会, 34B-2, 東北大学 青葉山新キャンパス, 仙台, Sep 19-21, 2018.

  • 長谷川圭介,奈良高明, "微小変位音源の音場空間情報を用いた単一マイクロフォンの自己定位," 第35回センシングフォーラム予稿集, pp. 83-88, 山口, 8/30-31, 2018.

  • 小島治,長谷川圭介,奈良高明, "音圧分布計測に基づく 3 次元粒子速度場の推定," 第35回センシングフォーラム予稿集, pp. 77-82, 山口, 8/30-31, 2018.

  • 中島允,長谷川圭介,牧野泰才,篠田裕之, "超音波フェーズドアレイによる匂いのセンシング," 第35回センシングフォーラム予稿集, pp. 73-76, 山口, 8/30-31, 2018.

  • 長谷川圭介, 仇力維, 篠田裕之, “超音波駆動音響流による匂い環境制御,” 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1781-1784, 仙台, 12/20-12/22, 2017.

  • 古本 拓朗, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “空中平面超音波による浮遊物体の動的位置制御,” 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1984-1987, 仙台, Dec. 20-22, 2017.

  • 中島 允, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “音響ビームによる任意方向への冷気の誘導に基づく遠隔冷覚提示,” 第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1996-1997, 仙台, Dec. 20-22, 2017.

  • 中島 允, 長谷川圭介, 牧野泰才, 篠田裕之, “音響流ベッセルビームを用いた遠隔冷覚提示,” 第22回バーチャルリアリティ学会大会, 1D3-03, 徳島大学 常三島キャンパス, 徳島, Sep 27-29, 2017.

  • 古本 拓朗, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “空中超音波による浮遊物体の運動制御,” 第22回バーチャルリアリティ学会大会, 1E4-05, 徳島大学 常三島キャンパス, 徳島, Sep 27-29, 2017.

  • 松本 大知, ZHU Ya, 田中 雄也, 山崎 喬輔, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “反発力提示機構を用いた没入型視触覚 VR 環境における 擬似力覚的硬さ提示,”第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1341-1344, 札幌, December 2016.

  • Qiu Liwei, 長谷川圭介,牧野泰才,篠田裕之,”空中匂い分布制御に向けた音響流の数値シミュレーション”第21回日本バーチャルリアリティ学会大会,12B-04, つくば国際会議場, つくば, Sep 14-16, 2016.

  • 山崎 喬輔,長谷川圭介,牧野泰才,篠田裕之,”実物体への力学的作用を伴う視触覚VR環境”第21回日本バーチャルリアリティ学会大会,33D-02, つくば国際会議場, つくば, Sep 14-16, 2016.

  • 吉田 健太郎, 田中 宏治, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之, “指のフリック動作提示による文字認識,” 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会, 21F-04, つくば国際会議場, つくば, Sep 14-16, 2016.

  • 田中宏治, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 振動と文字軌跡の提示による小型触覚文字ディスプレイ, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016論文集, No16-2, 1A1-20a7 (1)-(2), パシフィコ横浜, 神奈川県横浜市西区, June 8-11, 2016.

  • 吉本 東天, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 空中超音波による目標点への動作誘導, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, No16-2, 1A2-20a4 (1)-(3), パシフィコ横浜, 神奈川県横浜市西区, June 8-11, 2016.

  • 高野晃洋、長谷川圭介、野田聡人、牧野泰才、篠田裕之: 画像・姿勢センサを用いたデータグローブの指先位置推定, 2A1-13b1, パシフィコ横浜, 神奈川県横浜市西区, June 8-11, 2016.

  • 吉本 東天, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 空中超音波によるリアルタイム行動誘導, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 921-923, 名古屋国際会議場, 愛知県名古屋市熱田区, December 14-16 2015.

  • 馬 少翔, 吉本 東天, 井上 碩, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 空中超音波による無線給電とその応用, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 206-208, 名古屋国際会議場, 愛知県名古屋市熱田区, December 14-16 2015.

  • 新井 綾太,古山 佳和,井上 碩,長谷川 圭介,牧野 泰才,篠田 裕之:倍率可変視触覚クローン,第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 925-926, 名古屋国際会議場, 愛知県名古屋市熱田区, December 14-16 2015.

  • 長谷川 圭介, 野田 聡人, 牧野 泰才 and 篠田 裕之: 柔軟センサグローブのリアルタイム自己姿勢推定法, 第32回センシングフォーラム資料, pp.347-350, 大阪, September 2015/9/11.

  • 吉本 東天, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 空中超音波触覚ディスプレイによる行動誘導, 第20回日本バーチャルリアリティ学会論文集, pp.219-220, 芝浦工業大学, 東京都江東区豊洲, 2015/9/9-11.

  • 田中 宏治, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 文字軌跡上の追従運動による手指への文書提示, 第20回日本バーチャルリアリティ学会論文集, pp.34-35, 芝浦工業大学, 東京都江東区豊洲, 2015/9/9-11.

  • 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 音響ベッセルビームによる匂いの空間分布制御の基礎的検討, 第20回日本バーチャルリアリティ学会論文集, pp.62-63, 芝浦工業大学, 東京都江東区豊洲, 2015/9/9-11.

  • 古山 佳和, 松林 篤, 新井 綾太, 長谷川 圭介, 牧野 泰才, 篠田 裕之: リアルタイム擬ホログラフィによる接触感を伴う対面コミュニケーション, 第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.318-319, 芝浦工業大学, 東京都江東区豊洲, 2015/9/9-11.

  • 馬 少翔, 森下 和哉, 井上 碩, 長谷川 圭介, 藤原 正浩, 門内 靖明, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 空中超音波による浮遊物体への無線給電, 第15回SICE SI部門講演会論文集, pp.511-513, 東京ビッグサイト, 東京都江東区, 2014/12/14-17.

  • 古山 佳和, 長谷川 圭介, 門内 靖明, 牧野 泰才, 篠田 裕之: 超音波給電を用いたワイヤレス・ウェアラブル触覚ディスプレイ, 第15回SICE SI部門講演会論文集, pp.2540-2543, 東京ビッグサイト, 東京都江東区, 2014/12/14-17.

  • 熊谷 壮一郎, 長谷川 圭介, 牧野 泰利, 篠田 裕之, “動荷重計測に基づいた空中超音波振動触感提示,” 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.365-368, 2014.

  • 長谷川圭介,篠田裕之,“空中超音波焦点形成による非接触触覚提示における反射壁を用いた気流の抑制,” 第14 回SICE SI 部門講演会論文集, pp. 2432-2434, 2013.

  • 吉岡基,長谷川圭介,篠田裕之、“空中超音波触覚提示における駆動電圧パルス幅制御による可聴音の抑制,” 第14 回SICE SI 部門講演会論文集, pp. 2427-2431, 2013.

  • 末石智大,長谷川圭介,奥村光平,奥寛雅,篠田裕之,石川正俊, “駆動鏡面式高速視線制御を用いたステレオトラッキングによる動的対象への視触覚提示システム,” 第18 回日本バーチャルリアリティ学会大会,pp. 594?597, 2013.

  • 長谷川圭介,末石智大,奥村光平,奥寛雅,石川正俊,篠田裕之, “運動する人体上へ高速追従する映像投影への空中超音波触覚の重畳,” 第18 回日本バーチャルリアリティ学会大会,pp. 307?310, 2013.

  • 長谷川圭介, 篠田裕之, “超音波の三次元音圧分布制御による非接触触覚提示,” ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2013), 2013.

  • 長谷川 圭介, 篠田 裕之, “近接配置した複数アレイの協調動作による大開口空中超音波触覚ディスプレイの性能評価,” 第13回SICE SI部門講演会論文集, pp. 2244-2247, 2012.

  • 長谷川 圭介,吉野 数馬, 藤原 正浩, 中妻 啓, 篠田 裕之, “Visuo-Tactile Projector:映像と触覚の同時投影装置の提案,” 第17回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.359-362, 2012.

  • 長谷川圭介, 篠田裕之, “空中超音波による把持物体を介した位置情報提示,” 第12回SICE SI部門講演会論文集, pp. 2244-2247, 2011.

  • 長谷川圭介, 篠田裕之, “把持物体への空中超音波照射による触覚提示,” 第16 回日本バーチャルリアリティ学会大会, pp. 730?731, 2011.

  • 長谷川圭介, 小野順貴, 宮部滋樹, 嵯峨山茂樹, “信頼度重みづけを考慮した非同期録音のブラインドアラインメント,” 日本音響学会秋季研究発表会講演集, pp.591?592, 2010.

  • 長谷川圭介, 宮部滋樹, 小野順貴, 嵯峨山茂樹, “分散型マイクロホンアレーによる非同期録音信号のブラインドアラインメントの実環境評価,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集, p.150, Mar., 2010.


  • 受賞等

  • 第35回 SICE センシングフォーラム研究奨励賞(長谷川圭介), 2019.
  • 第18回 SICE SI2017 優秀講演賞 (長谷川圭介、仇力維、篠田裕之)
  • 経済産業省 Innovative Technolgies+ 2017 採択(空中匂い環境制御)(2017)
  • 船井研究奨励賞(長谷川圭介), 2016.
  • 日本バーチャルリアリティ学会研究奨励賞(長谷川圭介), 2016.
  • SICE SI2015 優秀講演賞 (馬 少翔, 吉本 東天, 井上 碩, 長谷川圭介, 牧野泰才, 篠田裕之)
  • 第31回 SICE センシングフォーラム研究奨励賞(長谷川圭介), 2015.
  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞 (末石智大,長谷川圭介,奥村光平,奥寛雅,篠田裕之,石川正俊), 2015.
  • 第15回 SICE SI2014 優秀講演賞 (古山佳和、長谷川圭介、門内靖明、牧野泰才、篠田裕之)
  • Keisuke Hasegawa, Hiroyuki Shinoda, Honorable Mention, Asia Haptics 2014 (2014).
  • Yasuaki Monnai, Keisuke Hasegawa, Masahiro Fujiwara, Kazuma Yoshino, Seki Inoue, Hiroyuki Shinoda, Honorable Mention, Asia Haptics 2014 (2014).
  • ACM SIGGRAPH Special Prize in Digital Content EXPO 2014 (2014)
  • 経済産業省 Innovative Technolgies 2014, Industry 特別賞 (2014)
  • Yasuaki Monnai, Keisuke Hasegawa, Masahiro Fujiwara, Kazuma Yoshino, Seki Inoue, Hiroyuki Shinoda, People’s Choice Best Demo Award, UIST 2014 (ACM Symposium on User Interface Software and Technology) (2014)
  • 経済産業省 Innovative Technolgies 2014 採択(空中触覚タッチパネル)(2014)
  • 第14回 SICE SI2014 優秀講演賞, 長谷川圭介, 篠田裕之 (2013)
  • SICE Annual Conference Young Author’s Award, SICE Annual Conference 2013, Keisuke Hasegawa (2013)
  • Finalist, WHC 2013 Best Paper Award (one of three finalists), IEEE World Haptics Conference 2013, Keisuke Hasegawa and Hiroyuki Shinoda (2013)
  • WHC 2013 Best Student Paper Award, IEEE World Haptics Conference 2013, Keisuke Hasegawa (2013)
  • 原総合知的通信システム基金渡航助成(2010)

  • 外部資金(研究代表者)

  • 科学研究費補助金(基盤研究B) 超音波駆動音響流による高時空間分解能空中流れ制御, 2018-2021年度
  • 科学研究費補助金(若手研究A) 音響流制御によるパーソナルな匂い環境の提示, 2015-2017年度
  • 科学研究費基金(挑戦的萌芽研究) 筆記動作の追体験による文字情報伝達, 2015-2016年度
  • 日本学術振興会特別研究員奨励費 空中超音波フェーズドアレーによる非接触触覚インタフェースの研究, 2012-2013年度
  • 外部資金(代表者以外)

  • 科学研究費補助金(基盤研究A) スーパーハプティクスの基礎的研究, 2013-2015年度, 連携研究者(研究代表者:篠田裕之教授, 東京大学)